自己破産の申立てをしたら借金の取り立ては止まります!!

法的手続きに入るだけで借金の取り立ては止まります。

NoName2014-12-2_13-13-59_No-00

 

ですので早急に法的手続きを取る事をお勧めします。

破産手続きの申立てをしようとしている段階では、すでにいくつかの業者への支払いが滞っている場合がほとんどでしよう。

そして、そうしたサラ金業者からの督促が頻繁になっているのではないでしょうか?

こうした状況から抜け出すには、とにかく早急になんらかの法的措置を取ることが重要です。

なぜなら、法的手続きに入ることによって、業者の取立行為が規制されるからです。

 

この点は、自己破産手続き、個人債務者再生手続き、任意整理手続きなど、いずれの手続きを取った場合も同様です。

また、業者にとっても、滞納のまま放置されては処理に困ることもあります。

ですから、できるだけはやく、今後の方針を決定すべきです。

 

弁護士に依頼したのに借金の取り立てが止まらない場合は

まれに、このような法的手続きに入ったにもかかわらず、執拗な取立行為を繰り返す業者も存在しています。

けっして数は多くないのですが、まったくないとはいえないのが現実です。

とくに、近時、激増しているヤミ金業者は、注意が必要です(脅迫や恐喝にあたるようなものについては、警察に通報することも視野に入れてください)。

 

ですので、取り立てが止まらない場合はまずは弁護士に相談して下さい。

このような場合には、業者を監督する立場にある官庁に行政処分の要請の申立てをすることになります。

監督する官庁は、大ざっぱにいうと、全国的に展開している大手業者については財務局、都道府県内の業者については都道府県の金融課が、管轄となっています。

 

注意しておきたいことは、取立を受けた際に必ず業者名と担当者名を聞いておき、具体的な違法行為についてメモをしておくことです。違法行為を行なった業者が特定できなければ、警告を与えることもできないからです。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文