債務整理をするとサラ金から嫌がらせを受る?

嫌がらせを受ける事はまずありません!!

NoName2014-12-2_14-17-25_No-00

業者は賃金業規制法で厳しく取り締まられています。

債務整理を申し立てると相手方の業者から嫌がらせを受けるのではないか、と心配される人がいます。

結論から申しますと、ある程度名の通った業者であれば、そのようなことが行なわれることは、まったくといってよいほどありません。

業者にとってみれば、これだけの債務整理が申し立てられている昨今、ひとりひとりの
破産者に余分な労力を使うのはムダなことなのです。

それよりも、新たな貸し付けを多く行なって利益をあげたほうが、よいに決まっています。

また、それ以上に、業者は貸金業規制法によって厳しく取り締まられています。

嫌がらせなどのような違法行為をすると厳しい処置がなされ、場合によっては登録取消となって営業活動ができなくなることも考えられます。

 

気をつけて頂きたいのは闇金の場合です。

債務整理をすると闇金も大体は手を引くのですが、たまにしつこいのがいるみたいです。

この場合はすぐ弁護士に相談して下さい。

弁護士から警察へ依頼が行くとスムーズに対応してくれます。

 

 

サラ金がやってはいけない取り立て行為

・暴力的な態度をとること。

・大声をあげたり、乱暴な言葉を使うこと。

・多人数で押しかけること。

・正当な理由なく、午後9時から午前8時まで、その他不適当な時間帯に、電話で連絡したり、電報を送達したり、訪問したりすること。

・反復継続して、電話で連絡したり、電報を送達したり、訪問したりすること。

・張り紙、落書き、その他いかなる手段でも、債務者の借入に関する事実、その他プライパシーに関する事項等をあからさまにすること。

・勤務先を訪問して、債務者や保証人等を困惑させたり、不利益を被らせたりすること。

・他の貸金業者からの借入またはクレジットカードの使用等により、弁済することを要求すること。

・債務処理に関する権限を弁護士に委任した旨の通知、または調停、破産その他裁判手続きを取つたことの通知を受けた後に、正当な理由なく支払い請求をすること。

・法律上支払い義務のないものに対し、支払い請求をしたり、必要以上に取立への協力を要求すること。

・その他正当と認められない方法によつて請求をしたり取立をすること。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文