自己破産|サラ金業者が裁判の日に来て文句をいったりする?

業者が出席する事はまず無いでしょう!

 

NoName2014-12-2_14-40-20_No-00
※この画像はイメージです。

 

もし来たとして、異議を申し立てられても決定日が少し遅れるだけです。

破産および免責手続きには通常、それぞれ1回、合計2回の審尋期日が設けられています。

そして2回目の免責の審尋期日には、債権者であるサラ金業者が出席して異議を申し出ることが認められています。

しかし現実には、サラ金業者が審尋期日に出頭して異議を申し立てることは、ほとんどありません。

膨大な破産事件ひとつひとつに対応する労力を考えれば、当然のことであるともいえましょう。

たとえ業者が免責に対する異議を申し立てたとしても、ただ決定の日が少し遅れるだけですからまったく問題ありません。

※審尋期日=意見や主張を裁判所に提出する訴訟行為。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文