自己破産をしても勤務先をクビになりません!

自己破産した事を理由に解雇する事はできません!!

NoName2014-12-19_18-13-46_No-00

 

ただし借金がばれると居づらい状況になってしまう場合があるかも知れません。

 

自己破産だけで勤務先が解雇を言い渡すことはできません。

また、破産申立てをした場合でも裁判所から勤務先へ通知をすることはありませんから、勤務先が従業員の破産の事実を知るということはないのが通常です。
ただ現実には、勤務先にサラ金業者から執拗な督促の電話がかかることで会社側が多重債務であるという状況を察し、会社に居づらくなってしまうことは考えられます。

とくに昨今の不況により、多くの会社は人員削減を大きな課題としていますから、これがマイナ
ス要因となって、リストラの対象にあげられることは十分考えられます。
法的な債務整理手続きを取れば業者の取立行為は規制されますので、会社に借金のことを知られないためには、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

場合によっては上司などに正直に打ち明け、今後の生活の立て直しについての理解を求めたほうがよいでしよう。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文