自己破産をすると保証人に迷惑がかかるか?

連帯保証人には債務者本人と同様の責任があります!

NoName2014-12-21_18-17-23_No-00

 

保証人の債務整理も合わせて行う必要がある場合もあります。

 

一般的には、連帯保証人というのは、お金を借りた本人が返済をすることができなくなった場合に限って支払義務を負うものと思われているようです。

 

しかし、それはたんなる「保証人」の場合です。

 

「連帯保証人」の場合の法律上の扱いはそれ以上に厳しく、本人とまったく同じといってよいほど、つまり、自分が借りたと同様の、強い責任が持たされています。

 

ですから、安易に連帯保証人になることは危険だとされているのです。

 

もし連帯保証人がいる場合には、その人に対して、誠意をもってすべてを打ち明けなくてはなりません。

 

場合によっては、連帯保証人の債務整理もあわせて行なう必要が出てくるでしょう。

しかし、連帯保証人に迷惑をかけることができないといって破産の申立てを躊躇していねば、ますます傷口は広がる一方です。

 

結果として、早期の債務整理が、連帯保証人の負担を軽くすることにも繋がるのです。

 

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文