自己破産手続き中に考えられる業者からの取立行為

訴訟により取立をはかる業者もいます。

NoName2014-12-21_20-23-22_No-00

破産の申立てにより、ほぼ業者からの取立が止まるはずです。

 

しかしなかには、数は多くありませんが、申立て後も取立行為を継続する悪質な業者もありますし、場合によっては合法的な取立として訴訟を提起してくるところもあります。

訴訟を提起された場合、破産の申立てをしてあるからと放置すると、免責の決定が確定するまでに給料を差し押さえられてしまうなど、きわめて不利益な事態に巻き込まれてしまうことにもなりかねません。

 

しかし、弁護士に依頼していますので安心して下さい。

弁護士事務所の方で対応してくれますので、上記のようにはなりません。

 

もし、自分で申請されている方はこの時点からでも弁護士に依頼できますので、依頼される事をお勧めします。

 

 

また、破産申立て後には、債権者や裁判所からいろいろな文書が郵送されてきます。

そうした文書に対しても、きちんと対応していかなければいけません。

その都度、弁護士に相談して下さい。

 

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文