自己破産の免責とは

あなたが借金をした理由が自己破産をするのに正当かどうかを審査して、審査に通り借金を帳消しにしてくれることを免責と言います。

NoName2014-12-21_21-0-34_No-00

 

免責の条件はこちらの記事をお読み下さい。

自己破産で免責される条件

 

免責の決定を受け、その決定が確定すると、次に述べる2つの効果が発生します。

①破産宣告以前の借金について、支払義務がなくなる
②破産者から復権し、資格制限などから解放される

 

ただし、いわゆる「ブラックリスト」からの解放は、免責とは関係ありません。

また、免責の決定イコール免責決定の確定ではないことにご注意ください。

免責決定がされると、その旨が『官報』に公告されます。これに対して2週間以内に債権者から抗告が出されなかった場合に、はじめて免責決定が「確定」することになるのです。

 

ちなみに、免責決定が出されて『官報』に公告がなされるまで、通常1か月程度を要するのが裁判所の実務です。

それから2週間ということですから、免責決定の出された日から約1か月半で免責決定は確定すると考えておけばよいでしよう。

 

なお、免責の決定に対して債権者から抗告が出されるケースはきわめてまれで、きわめて悪質なケースに限定されているのが現状です。

あまり心配する必要はないでしよう。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文