自己破産をすると家族・親族もクレジットやローンが組めなくなる?

自己破産しても原則として周りに影響はありません!!

NoName2014-12-21_17-2-27_No-00

ただ、同居の親族の場合は影響を受ける場合もあります。

自己破産の申立てを躊躇する大きな理由のひとつに、同居している親族への影響を気にされる場合があります。

 

しかし、たとえ同居の親族(親・子)であろうとも、保証人となっていなければ基本的には支払義務はありませんので、破産の影響も及びません。

ただし、たとえば親が破産した場合、その後に子が□―ンを申し込んでも、その申込みを断られてしまうケースがあります。

同居の親族の場合、その住所・姓・電話番号などによって、親族関係が、各種金融機関の情報センターを通じて判明してしまうからです。

 

このような金融機関の取扱いは疑間の残るところでありますが、現実には裁判所も同居の親族の援助がのぞめるかどうかを支払不能のひとつの判断材料にしているようです。

 

そのほか、子供の就職や進学に影響が出てくるのではないかと心配されている方も多いようですが、そのようなことは原則としてありません。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文