自己破産の手続き完了にかかる日数

大体、半年から1年ぐらいです。

裁判所に行くのは基本2回です。

 

NoName2014-12-2_16-37-3_No-00

裁判所に行くのは基本2回と書きましたが、破産の審尋に1回、免責の審尋に1回です。
※審尋とは裁判所が、民事訴訟の当事者や 証人などに、書面または口頭で詳しく問いただすこと

 

ただ、最近は自己破産事件が激増しており、それにともなって、1回目の破産審尋が行なわれない裁判所も少なくないようです。

1回目は破産申立ての2〜3か月後。2回目の免責の審尋はさらに3〜4か月後くらいが目安です。

 

裁判所によって多少の差はあると考えられますが、破産の申立てをして、免責の決定がおりるまで、およそ半年から1年程度の日数を要しています。

もちろん、ケースによっても異なってきますので、弁護士事務所の相談窓口に問い合わせてみてください。

 

私が債務整理でお世話になった相談無料の弁護士事務所です。

弁護士法人RESTA法律事務所
自己破産の実績多数で自己破産を得意としている弁護士事務所です。

対応もよく、安心してお任せが出来ます。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文