借金の取り立て(督促)の電話が掛かってきたらこう対応して下さい

取り立て(督促)の電話が掛かってきたときの対応方法をお伝え致します。

 

大事なポイントが3つあります。

 

NoName2014-11-25_0-40-1_No-01

 

ポイント1つ目

借金の取り立て(督促)の電話が掛かってきたらこう対応して下さいの電話が来たら出て下さい。

よっぽどの事が無い限りは電話に出るようにして下さい。

 

この時点で何かをしていて電話に出られない場合は、かけられるようになった時点で必ず折り返して下さい。

 

電話に出たけど話が出来ない場合は、その旨を説明し「何時だと大丈夫だからその時間に電話下さい」などとお伝え下さい。

 

また、休日などで家族と居る場合は「その件は会社に行かないと分からないので明日の何時にお電話頂いてよろしいでしょうか?」と、言うとむこうも家族といて電話で話せない状態なんだなと理解してくれます。

明日に電話を頂いてもと言ってはおりますが出来れば隙を見てその日のうちに連絡を取るのが好ましいです。

こういう態度は取り立て(督促)の電話をかけてくる側にも伝わります。

彼らも人ですから少しでも信頼を得るのがポイントです。

 

まず、なぜ電話に出るかというと彼らが一番困るのがいなくなられる事です。

探す手間や回収方法など彼らも余計なお金や時間を使うからです。

 

だから、電話に出て安心させてあげるのです。

 

電話に出ないでいると彼らも不安になり会社に電話をかけてきたり、自宅にかけてきたり、最悪の場合自宅や会社に来る場合もあります。

こういうケースで家族や会社に借金の事がばれるケースが非常に多いのです。

 

また、何度電話をかけてもでないと思われるとマークされ取り立てが厳しくなります。

ですので電話には出るようにして下さい。

 

 

ポイント2つ目

実際に電話に出て何を話したら良いか?

まずは謝る事です。

 

「支払日にお支払いできなくてすいませんでした。」

誠心誠意謝って下さい。

 

そして素直に払えなかった理由をお伝え下さい。

必ず本当の事を言って下さい。

 

彼らはたくさんの方の嘘を聞いてきています。

嘘はすぐばれます。

そして嘘は印象を悪くします。

 

本当の事、自分が今思っている事を言わないと相手の心には響かない物です。

 

払えなかった理由が無駄遣いだったり、パチンコだったりでも必ず本当の事を言い謝って下さい。

本当の事を言う事で信頼関係を作って行くのです。

 

この信頼関係は非常に大切な物です。

この取り立ては会社が行っている物ですが、実際にしているのは人です。

人がする事には必ず感情が入ります。

 

そこで信頼関係があると会社に報告するときなどにかばってくれたり、相談に乗ってくれたりします。

嘘をつくと信頼は築けません。

だから必ず本当の事を言わなければならないのです。

 

 

ポイント3つ目

お土産を渡して下さい。

お菓子などの物ではありません。

 

払えるお金を伝えて下さい。

本当は4万円払わなければいけないところ2万円しか無い場合はそのことを伝えて下さい。

払えなかった事情を話しているので、それで手を打ってくれる場合があります。

 

とりあえずその時点で払えるお金を提示して下さい。

本当に無い場合、1000円でも2000円でもいいです。

払うという意思表示が必要です。

 

また、近々お金が入る場合はそのことを伝え、その日にいくら払うという事をきちんと伝えて下さい。

 

彼らを手ぶらで帰してはいけません。

会社で報告するときに手ぶらでは彼らの立場がなくなるからです。

そうなると確実に取り立てが厳しくなりします。

 

ですので払えるだけのお金を払うか、いつまでにいくら払うという情報をお土産で渡して下さい。

 

 

この3つのポイントを覚え取り立て(督促)の電話がきたら実践をして下さい。

 

電話から逃げると非常に辛い状況になります。

私もそうなって非常に辛い思いをしました。

 

だからこそ皆さんにはこの方法を使って欲しいと思います。

 

 

最後に番外編のポイントをお伝えします。

取り立ての電話は相手の立場が凄く上に感じますよね。

威圧的だったり脅されたりする場合の対処法です。

 

これは簡単なので必ず覚えて下さい。

威圧的な態度だったり脅されたりした場合は「怖い」と言って下さい。

どんなに自分が悪い場合でもかまいません。

 

自分が恐怖を感じている事を伝えて下さい

「話し方が怖いです」「怖くて話がしにくいです」何でもいいです。

 

脅したりする行為は法律で禁止されています。

警察もうるさいですからね。

 

だから「怖い」と言う事で、法律に違反している事を伝えて下さい。

社内教育できちんと伝えられていますのでこれで少し収まるはずです。

 

もしそれでも態度が変わらなかった場合は

「怖いので警察に相談します。お名前を教えて下さい。」

こう言って下さい。

必ず名前まで聞いて下さいね。

これで、馬鹿以外は効果があります。

 

もしこれで効果が無い場合は本当に警察に電話をして下さい。

「何々会社の何さんが取り立て(督促)の電話で脅してきます。怖くて怖くてどうしたら良いか分からなくて電話をしました。」

と言ってくれれば大丈夫です。

脅しは法律違反ですので必ず警察が動いてくれます。

 

警察も守秘義務がありますのでこういう事情だから家族や会社に知られたくないと言うと上手くやってくれます。

警察から取り立て会社に連絡が行きますので優しい担当に変わります。

 

 

それでも取り立ての電話が嫌な人は取り立ての電話を止める方法があります。

それは私の借金返済の体験談でお伝えしていますのでこちらをご覧下さい。

⇓  ⇓  ⇓

たったの6ヶ月で借金150万を返済した体験談

 

 

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文