債務整理をする勇気がない、怖いし恥ずかしい

私もあなたと同じように債務整理をするのに恐怖を感じ、行動に起こせないでいました。

私の場合は債務整理の事をよく知っていなかったからだと思います。

 

また、債務整理をすることが良くないイメージがあるのは、そういうイメージを抱かせる悪い風潮があるからです。

NoName2015-4-30_19-27-46_No-00

 

まず、「債務整理は恥ずかしい」、「債務整理は悪いこと」の様な悪いイメージはサラ金などの貸金業者が意図的に流したものです。

なぜそんな事をするのかというと、もっと儲けたいからです。

 

そもそも、お金を貸すときに債務整理されると言うことも視野に入れているのですが、さらに儲けようとこの様なイメージを作りました。

しかし、資本主義社会はお金の社会です。

お金の貸し借りは避けられません。

その中で返済に支障が出ると言うことも避けられないことなのです。

 

その証拠として、国は債務整理という制度を作りました。

悪いことであれば国がこの様な制度を作るはずがありません。

だから、債務整理は正しい行いなのです。

 

 

また、私が債務整理をすることに足踏みさせた原因がいくつかあります。

足踏みさせた主な原因は私の見栄やプライドです。

悪いことをしたと思われたくない、家族や友人を失いたくない、職場の人に白い目で見られたくない、今と同じような生活をしていたい!と思っていたからです。

 

しかし、債務整理をして分かりましたが、私の思いは取り越し苦労だったのです。

 

  • 家族や友人、職場に借金のことがばれてしまうのではないか

借金の事や任意整理の事は一切他の人に知られませんでした

家にいる妻にも、もちろん職場にもです。

それは、私が依頼した弁護士事務所が債務整理の実績が非常に豊富で、常に私たちのことを考えていてくれたので、ばれない様に慎重に行ってきた積み重ねのノウハウが会ったからです。

だからばれることはありません!

 

 

  • 弁護士事務所に連絡するのが怖い

確かに怖かったですが、それは私が実情を知らなかったからです。

実際に私は何件もの弁護士事務所に連絡しました。

 

その中には怒られたところもありました。

また、あきらかに私を下に見て話すところもありました。

 

その中で私を安心させてくれ親身になって相談に乗ってくれた弁護士事務所がありました。

そこでは私の思っていた恐怖はなく、弁護士が味方になり借金の不安を取り除いてくれました。

 

 

  • 債務整理を弁護士に依頼したらお金が高そう

弁護士は高いと思っていましたが、実際には払ったかどうか分からないものでした。

ですので、高いと感じたことはなく、弁護士費用より借金が大幅に減るので効果は非常に高いです。

また、私の依頼した弁護士事務所は最初にお金が掛からなかったのが助かりました。

 

 

  • 債務整理はしたらダメなんじゃないか

※先ほども書きました

債務整理は何となく悪いイメージがあるかも知れませんが、このイメージを作ったのは金融会社です。

より儲けようとすると金融会社にとっては債務整理は都合が悪いわけです。

 

今の世の中は資本主義社会です。

資本=お金です。

 

この社会ではお金の貸し借りは避けられません。

ということは返済に支障が出ることも避けられないのです。

だから債務整理することを見込んで金利を高く設定しているのです。

そもそも、債務整理が悪いことだったら国が認めていません

債務整理は国が作った制度です。

国としても借金苦で何千人の自殺者を出すより、債務整理をしてやり直してもらいたいと思っています。

だから債務整理は合法なのです。

 

 

  • ブラックリストに載るのが怖い

ブラックリストに載ると一定期間ローンやクレジットカードの審査が通りづらくなることがあります。

 

しかし必ずではありません。

 

私の場合ですが、債務整理後にクレジットカードを作ることが出来ました。

また、しばらく立ってからですがローンを組んで車を購入することが出来ました。

 

そもそも借金で苦しんでいる人に新たにローンを組んでくれる所やお金を貸してくれるところはありません。

そして法律が変わり年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ません。

 

債務整理をしなくても、信用情報に様々な情報が載っています。

何社からいくら借りているか?延滞したことがあるか?など様々な情報が載っています。

何社からも借りている場合や延滞記録がある場合は貸してくれない場合がほとんどです。

このようにブラックリストに載りますが、信用情報的には大して変わりません

 

また、このブラックリスト(信用情報)は本人以外に貸金業者しか見ることができません。

 

 

  • 借金が出来なくなったら何かあったときに困る

確かにもの凄く不安でしたけど、どうにかなるものです。

月々の返済額が大幅に減ると、貯金もできるようになります。

本当に困ったときは地方自治体でも借りる事ができます。

出産や葬式などの人生でそれなりに大きい出来事でも何とかなる物です。

 

出産などは決まった通院費用も出産費用も健康保険で全額出ます。

葬式も地方自治体で資金を出してくれる制度があります。

そして葬式は香典があるのでそれで結構何とかなる物です。

任意整理の場合は、債務を選択して整理できますのでクレジットカードを残してすると安心かも知れません。

 

 

私は債務整理をしても一切生活は変わりませんでした。

見栄やプライドも壊されることなく残っています。←良いのか分かりませんが…

 

変わったことは借金が無くなったことと、借金があったときより幸せになったことです。

案ずるより産むが易し

勇気を持って頑張りましょう!!

 

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文