過払い金返還請求を自分で行う危険性|過払い金返還請求

よく自分で過払い金返還請求を行うやり方などありますが、これには注意が必要です。

NoName2014-12-28_16-2-20_No-00

 

 

これはなぜかというと、サラ金なども過払い金返還請求で会社が疲弊しているからです。

ですので、過払い金を払いたくないとなります。

 

そこで、サラ金がする事は取引履歴をきちんと渡さないことです。

たとえば、限度額が引き上げされたときなどは新たに契約し直しているかも知れません。

その場合は古い取引履歴を見せてくれない場合があります。

 

また、取引履歴を渡さないような方法を考えます。

 

提出書類を複雑にさせるとか、書類の不備を何とか作り何度もやり直しさせるとか。

この様な事もあります。

 

しかし、最も損をするのはこの先です。

 

サラ金もお金を払いたくないのでプロの交渉人を用意します。

その交渉人とは、弁護士の場合が多いです。

 

あなたは最悪、弁護士と戦う事になるのです。

 

ですので、過払い金の2割しか帰ってこなかったという話をよく聞きます。

また、話し合いは付いたけど返済されるのは2年後というのもよくあります。

 

 

サラ金はあの手この手を使って返済をしないようにするのです。

ですから、自分一人で過払い金返還請求をするのでは無く、弁護士に依頼した方が金銭的にも時間的にも得をするのです。

 

たとえば過払い金が200万円あった場合

自分で行った場合は、2割の40万円、返済は2年後、手間はもの凄く掛かる

弁護士に依頼した場合、満額の200万円の返還(内20%の40万は弁護士報酬すなわち160万円を手元に残す)、返済は6ヶ月から1年、手間はほとんど掛からない

 

 

この様な事になります。

 

弁護士報酬を引いても、自分で行った場合と弁護士に依頼した場合では、120万円の差が出ます。

また、手間も掛かり精神的なダメージを受けます。

 

それでもまだ自分で過払い金返還請求をしますか?

 

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文