任意整理の交渉をしても、任意整理できない場合ってありますか?

任意整理は全てのケースで出来るわけではありません。

NoName2015-2-5_18-7-57_No-00

 

 

借りた側が原因の理由としては、2つくらいあります。

1つは、借金をしたのに1度も返済していない場合。

 

これは、そもそも借金返済の意図がなかったと見なされて任意整理に応じてもらえません。

この場合は弁護士も任意整理では受けてくれない場合があります。

 

もう一つは、担保付きの借り入れの場合です。

担保がある場合は難しくなってくる場合が多いみたいです。

 

 

貸金業者側の理由で任意整理が出来ない場合は、過払い金返還請求が増加して経営状態が良くない場合です。

ここは弁護士の腕に掛かってきます。

 

まだ、大半の所は任意整理に応じています。

 

しかし、今後経営が悪化してくるところが多くなってきていますので、任意整理は早めにされることをおすすめします。

24時間365日対応、どこよりも相談者に寄り添う、債務整理に特化した相談無料の弁護士事務所。弁護士法人RESTA法律事務所

おすすめ!!

⇒ネットでは言えない!!多額の借金を債務整理しないで合法的に無くす方法借金の取り立てを止める方法!今なら無料プレゼント!

⇒低所得のサラリーマンが、借金150万円を特に変わったことをしないで、たった6ヶ月で完済した方法とは?

⇒実際に15件の弁護士事務所に連絡して、対応が一番良く、親身になって相談に乗ってくれたのはここです!

ホームに戻る

注目の記事!!

四角_グリーン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文